HOME同友会ニュース会員企業紹介

新しい時代を生きる~同友会と共に~特別編③

岡山同友会30年の歴史の中で正副代表理事を経験し、現在、同友会理念を追求しながら人間尊重の経営を自社で実践されている方々にお伺いする特別企画です。

岡山同友会設立30周年特別企画


株式会社ブラックスミス
取締役 虫明 恵美子氏

  ●岡山同友会のとの出会いは?

 平成4年に、(株)メイコーの横谷さんから同友会を紹介されました。前年の平成3年に、それまでの社風を変えて気分を一新するため、現在のブラックスミス(鍛冶屋)に社名変更した頃でした。最初、オブザーバーで例会に出席してみて、まじめで素敵な会だと思いました。そして、社員をパートナーとして、「自主・民主・連帯」の精神を掲げ、謙虚に学び合う同友会の姿勢にほだされ、即刻入会しました。

●1番心に残っている同友会での学びや気づきは?

 1番の学びは、同友会大学で大田堯先生に出会い、人に対する考え方を教わったことです。先生の「一人ひとりが違っているのは当たり前」というお話から、人の間違いや失敗は責められない。そして、「人を尊重すること」が大切という気付きをいただき、「今この会社があって、社員が愛おしい」と思える境地に至りました。ですから、役員になられている方には是非、同友会大学に参加して、たくさんの学びを得て欲しいと思います。

●自社と同友会の関わり方は?

 共に育つという考えで、先ほどの同友会大学でお話いただいた大田先生や小畑隆資先生、秋川陽一先生、二宮厚美先生、吉田敬一先生など、私が影響を受けた先生方に会社まで来ていただいて、社員の皆さんと勉強会をしてきました。それと、社員共育大学には社員全員が参加し、修了しています。その結果、社員は周りに認められる、自己実現のできる社員に育っていると思います。
 また、同友会で初めて経営指針書を知り、成文化しています。社員は自分の将来のことや、働きやすい職場づくりのことなど、各自が自分は何をしなければいけないかを考えてくれています。そして、私を含めた会社の全員が同友会での様々な学びや勉強を積み重ねてきたおかげで、リーマンショックの経営危機を社員と共に乗り越えられたことに感謝をしています。

  ●今後の岡山同友会への展望は?

 同友会活動は、立ち位置を支部に置いて、定例の例会や支部総会を充実させ、支部から会全体を活性化させることが大切なのではないでしょうか。また継続している活動や各行事の意義・目的を今一度明確にして、次に活かして行くための総括などもしっかりやることが必要と感じています。何よりも初めて来た人が、素敵と思える岡山同友会になって欲しいと思います。

●同友会会員へひと言コメント

 フランスの詩人ルイ・アラゴンの、「学ぶことは誠実を心に刻むこと」という言葉を高校時代に聞いて好きだったんです。久しぶりに同友会の例会でこの言葉を引用される経営者の方がいて、こういう素晴らしいことを言う経営者もいるんだと感激しました。皆さんも共に、育ち合いましょう。また全国大会のふれあいの中でも学び合いましょう。

●おまけ・社内でのグッド&ニュー

 最近、みんなで「グッド&ニュー」をやっているんです。24時間以内に起きた良かったことや新しいことを話すんですよ。その時に、30年以上勤続している笑顔の少ない社員さんが、にこにこしながら家族の話をしているのを傍で見ていて、ちょっと胸が熱くなりました。会長とも「長いこと待ったな。待った甲斐があったな」と話したんです。改めて「社員はパートナー以上」かも知れないと感じました。

おかやま人事ネット21 間野事務所 間野 耕一郎氏

社名:株式会社ブラックスミス
会員:虫明 恵美子
所在地:倉敷市栗坂467-20
電話:086-463-4955
FAX:086-463-4645
設立:1971年
事業内容:機械部品切削、研磨、組み立て・治具・検具・試作
会歴:1992年入会

外観  

作業場  

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ

岡山同友会とは?へ

活動内容へ

入会案内へ

所在地・連絡先へ

リンク集へ

公開行事案内へ

同友会活動システムイードウユウへ
中小企業家同友会共同求人サイトジョブウェイへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ