HOME同友会ニュース活動報告

青年部グループ長研修会を開催

グループ長研修会で学んだ事

 去る6月27日、岡山国際交流センターにて兵庫県より株式会社ジョイントかんさい副社長、関戸崇司氏をお迎えし、青年部6月例会「グループ長研修会」が開催されました。

 私自身、グループ討論の目的についての認識が甘く、今回はグループ長の役目と役割についての理解を深めるために参加いたしましたが、他の参加者同様に、各立場の理解が明確になり、社内でも即活用できる汎用性の高い例会研修会となりました。例会では、実際に参加者の前で模擬グループ討論を行い、グループ長、副グループ長の役割を明確にしていきました。
 \;

 まず、グループ長のミッションは、「限られた時間内にメンバーに多くの自己評価につながる気付きを促し、チーム全体の生産性を上げること」であり、副グループ長(発表者)のミッションは、「討論の軌道修正やタイムキーパーなど、討論を限られた時間内に、多くの気付きを得ていただくためのサポートすること」であるとの役目を再確認します。そして、同友会で行われるグループ討論自体が、同友会三つの理念「自主・民主・連帯」の精神を具現化したものであること、自社、自身の現状を客観視し、グループ討論で得た学びを日常の考動に生かすこと、それらを再確認する場であるというグループ討論の意義を丁寧に解説していただきました。  \;

最後に、グループ長の事前打ち合わせで話の?落とし処?を決める進め方について、あらかじめ決められた結論にもっていくのではなく、そもそも「グループ討論の目的は、討論テーマの本質を捉え、討論の方向性を見定めながら議論を進めていくことである。結論を導き出すことが目的ではない」という考えを示していただき、今後の例会の質を劇的に変えるだろう非常に意義ある例会となりました。

 この場をお借りし、関戸氏並びに実行委員の皆様には心より感謝いたします。どうもありがとうございました!



イノベーション・スタジオ・オカヤマ 代表 毛利 信哉  \;

▲ このページの先頭にもどる

公開行事案内へ

入会案内へ

トップページに戻る

同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ

岡山同友会とは?へ

活動内容へ

所在地・連絡先へ

個人情報保護方針

リンク集へ

同友会活動システムイードウユウへ
中小企業家同友会共同求人サイトジョブウェイへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ