HOME活動内容

経営指針の成文化

同友会では、(1)経営理念、(2)経営方針、(3)経営計画、の三つを総称して「経営指針」と呼び、会員企業で経営指針を確立していくことに取り組んでいます。「成文化」とは読んで字のごとく「文を成す」、つまり誰もが読んで理解できるよう、はっきりと明文化することです。明確な指針を示すことによってはじめて社員は自分達が進むべき方向を見定めることができ、全社一丸の経営に近づきます。今日のような激動の時代にあって中小企業が安定的な経営を求めるとき、企業の基本的姿勢を示す「経営理念」、時代の流れを察知し未来を切り拓く「経営方針」、目標を達成するための具体的な「経営計画」の3つは必要不可欠なものと考えています。
岡山同友会では、半年間にわたる「経営指針成文化研修会」を年に2回開催しています。
研修会では会員経営者がアドバイザーを務め、受講者の指針書作成を強力にバックアップします。
各支部での勉強会も随時行われており、会員の成文化率50%をめざしております。

画像3 画像1 画像2

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る

同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ

岡山同友会とは?へ

活動内容へ

入会案内へ

所在地・連絡先へ

リンク集へ

公開行事案内へ

同友会活動システムイードウユウへ
中小企業家同友会共同求人サイトジョブウェイへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ