HOME同友会ニュース行事案内

第20回 教育講演会

第20回教育講演会のご案内

  ★託児・懇談会は既に定員に達しましたので締め切らせていただきました。悪しからずご了承ください。

開始日時:2012年11月9日(金曜日) 18:30(開場18:00)
終了日時:2012年11月9日(金曜日) 20:10
場所: 岡山ロイヤルホテル
(岡山市北区絵図町2-4 電話086-255-1111)

上記日程にて第20回教育講演会を開催します。

一般の方も無料でご参加いただけます。

■講師:就実大学教育学部 教授 村中由紀子氏(教育心理学科) 

■テーマ:「人の心が育つみちすじ~生きる力や、自他を大切にする心を育てる」

■スケジュール:
(講演会) 18:30~20:10
(懇談会) 20:25~21:30

※18:00開場(受付開始)
※会場には公共交通機関をご利用下さい。

■参加費:無料
※入場整理券が必要です。お申込の方には整理券をお送りします。

■一般受付期間:~10月25日 ※定員に達し次第、締め切ります。

■定員:800名

■概要(村中教授からのメッセージ):

 現代は「心の時代」と言われています。なぜ、今「心の時代」なのでしょうか。それは、人々がどこかで、社会・経済・文化的な発展の裏側で、心が見失われて来ているのではないかという危機感をもっているからなのではないかと考えられます。
 
 人は、豊かさや文化の発展に伴って、個の尊重を基盤とした知識優先の効率の良い子育てをするようになりました。人の心は、環境条件によって変化するもので、親の子どもに対する感情も例外ではありません。しかし、子どもの心が育つためのみちすじは昔から何も変わっておらず、このギャップこそが現代人の心の問題の本質といえるのではないでしょうか。
 
 子どもは、誕生時には既に人の顔に視線を合わせようとする能力を持っています。大人がそれを察し応えることで、見つめ合い心を通わせ合う喜びに目覚め、人への信頼感や愛着を育て、それが生きる力の土台となって将来に亘って人生を支えていくのです。 
 このような生下直後からの親や周囲の大人達を始めとして、人生で出会う人々との日常の関わりの中で、心は自然に育まれていくものなのです。
 かつて、冷害や飢饉などの厳しい自然現象に対して人々が無力であった頃は、互いが助け合わなければ生きては行けなかったのです。沢山の人々に囲まれての育児は、親の未熟さを助け、思い込みを緩和し、偏りを是正してくれました。また、子どもの視線を多くの大人たちが受けとめ、貧しいながらもバランスの良い育児環境が保障されていたのです。
 
 「子どもの心が育つみちすじ」について考えることで、我々現代人が見失っているものについてのヒントに気付くのではないでしょうか。
 今回の講演会では、このような視点から、現代人が抱えている深刻かつ多様な心の問題の背景要因とその対策について、提案をさせて頂こうと考えています。


ご案内チラシ(一般用)はこちら
お申込みお問い合わせは事務局まで
TEL 086-222-7473 FAX 086-225-3662


▲ このページの先頭にもどる

公開行事案内へ

入会案内へ

トップページに戻る

同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ

岡山同友会とは?へ

活動内容へ

所在地・連絡先へ

個人情報保護方針

リンク集へ

同友会活動システムイードウユウへ
中小企業家同友会共同求人サイトジョブウェイへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ