HOME同友会ニュースコロナを生き抜く経営理念

【21.12.20】コロナを生き抜く「経営理念」―第6回―

 \;

 \;

岡山トヨタ自動車(株)
代表取締役社長 梶谷 俊介(カジタニ シュンスケ)氏 / 岡山同友会常任相談役
【 入 会 年 】1991年
【 支 部 】 岡山北支部
【企業WEB】 https://okayamatoyota.com/
【 所 在 地 】〒700-0913 岡山市北区大供3-2-12
【 設 立 】 1945年
【 社 員 数 】 378人(内、パート6人)
【事業内容】自動車の販売修理、損害保険、生命保険、携帯電話他

 \; カーライフに「喜び・感動」を共創する
お客様の喜び・感動を創造します
社員の喜び・感動を創造します
地域社会に喜び・感動を創造します


<使命>

 お客様一人一人のカーライフに喜び感動を提供し、同時に社員がその喜び感動
 を共有することを通して、より多くのお客様と、生涯を通してベストパートナ
 ーとなることを使命とする。
<社訓>
 総親和 みんなお互いの立場を理解して、親和・協力する
 総努力 みんな自分の能力・長所を生かして、努力する。


 \; 適応   外部環境に合わせて内部環境を変化させる
継続・強化  基礎を定着させ、強固なものにする
挑戦  全員全力サポート
断捨離 意味のないものをやめる


経営理念に込めた思い

 社員だけでなく、お客様や地域社会とも対等な関係で、共に生きる仲間として、喜び、感動を共に創造していきたい。立場の違いを乗り越えて、より良い地域づくりに向けて共に取り組むところに喜び・感動は生まれる。

コロナ禍を生き抜くための取り組み

 社内会議等のオンライン化を推進し、テレワークができる環境を整備中。既存顧客との関係を強化するため、自社の店舗等を活用して顧客や地域のお困りごとの解決に向けた取り組みをできるところから実施する。
 SDGsに関する理解活動の社内展開とSDGsを全社的取り組みとして位置付けるためにSDGs宣言を策定し、公表することで地域とのコミュニケーションを強化する準備をしている。管理職の資質向上に向けた取り組み。

今後の(10年)ビジョン、展望

 自動車販売、サービス需要は減少する。一方で高齢化に伴い移動が困難になる人が増えるため、移動サービスの仕組みづくりが必要になるなど地域課題は増加する。地域課題解決を顧客等と連携して取り組む事業を増やす。

▲ このページの先頭にもどる

公開行事案内へ

入会案内へ

トップページに戻る

同友会ニュースのインデックスへ

同友会とは?へ

岡山同友会とは?へ

活動内容へ

所在地・連絡先へ

個人情報保護方針

対外情報発信についてのガイドライン

リンク集へ

同友会活動システムイードウユウへ
中小企業家同友会共同求人サイトジョブウェイへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ